<< ストレスのないシステム その1 | main | 感謝! >>

ストレスのないシステム その2

昨日の続き ストレスのないシステム その2

 

ストレスのないシステムとして、寄り引けシステムがあげられる。

そう。寄り前に成り行きで仕掛け、引けで成り行き決済するあれですわ。

 

正直なところ、昔はこの寄り引けシステムが丁半博打みたいで嫌いだった。

ところが自分自身がPCにかじりついていられなくなった時、このシステムの存在価値を理解した。

 

ストレスのないシステムとして考えれば、取引時間中にガッツリとPCやスマホで観ることが出来ない職業の方や

そういう時間をもつ暇がない生活スタイルの方などにも受け入れられるだろうと思う。

 

この寄り引けシステムに関しては、売ってるソフトとして色々みたがどれもパっとしない。

近しい人に聞き取り調査してみたが、昔のシステムが通用しないという意見が多かった。

 

ヨシ!!

まともなものが無いのであれば、俺がつくろう!

ロジックと基本ベースは俺が、その先の細かいところは専門家に任せる!

 

ってことで、つくりましたよ 寄り引けシステム。

落胆の「Ah〜」が歓喜の「Oh〜」に変わるシステムだということで、

「Ah〜」が「Oh〜」 → 「アー」が「オー」 → 「アーがオー」 → 「アーガ王」

システムの名前は「アーガ王」にした。

 

寄りで成り行き仕掛け、引けで成り行き決済というルールなので日中・夕場を分けて考え、

日中取引の4本値を入力すれば、直後の夕場のシグナルが出る、

夕場取引の4本値を入力すれば、直後の日中取引のシグナルが出るという仕組み。

シグナルは、売り・買い・見送りの3種類。

最も特徴的な機能としては、ある条件の曲がりがあった時に、自分自身に向かい玉を撃つサインも出るというところ。

 

寄り引けシステム「アーガ王」の過去実績

(過去実績という表現は厳密には正確ではない。昨年11月に完成したので。)

「アーガ王」に実際の4本値を入れてシミュレーションした表という表現が正しい。

IB社のホームページにあるので参照下さい。↓↓↓

http://investors-brain.com/item/item02/

 

ちなみに、先週金曜の初取引の日中は「見送り」、夕場も「見送り」というサインだった。

 

明日、1月7日の日中は「買い」とサインが出てますわ。LCは160円。

 

 

この「アーガ王」の扱いに関しては現在期間限定で販売を検討中。

詳細は、また後日お伝え出来ると思います。

 

皆様の応援が更新の励みになります。ポチっとお願いします。
人気blogランキング
  にほんブログ村 先物取引ブログへ

スーパースキャルピング225-2

「凄腕くん・web」継続ライセンスのお申し込み




at 21:06, 現役FDM, 投資

comments(0), -, - -

comment