<< 日経225先物 大引 | main | 日経225先物 寄り >>

日経225先物 寄り前

移動平均5日線・14098円、10日線・14185円

昨日の国内市場は、
米国市場高と為替の円高一服を受けて、前日比+60円の14090円で始まった。開始から寄り値を挟んでもみ合い。SQ清算値の水準にタッチすると円高振れが嫌気されて14040円まで押し戻される。その後、しばらくは14000円台半ばでもみ合う。終盤、円高一服好感の買い戻しが入り14100円台を回復し、14100円台前半でもみ合い。昼休み中は14100円台前半でもみ合い。午後の取引が始まる頃、アジア市場高と為替の円安好感から買いが誘われ14150円まで上げ幅を拡大。ここでスグに買い一巡すると14100円台前半でしばらくもみ合う。終盤、為替の円高振れを受けて14100円を割り込んで上げ幅縮小のもみ合い。結局、前日比+30円の14060円で取引を終えた。


昨晩のNYは −137ドルの16374ドル、CMEは −145円の13980円で引けた。


今朝の国内市場は、
米国市場の反落と為替の円高振れが嫌気され、日足で下方に窓を開けて下落始まりの気配。
概ねCME終値へのサヤ寄せ模様。

日銀金融政策決定会合の結果発表を控えた模様眺めが言い訳材料に使われる日柄。
中途半端に買い戻されたところに株高好感買いが集中し、下落で売られ狼狽だらけのポンコツもみ合い。不健全な相場構成を解消できるかどうか・・・

当方、前夜から持ち越した14030円の売り玉保有で取引に臨む・。



皆様の応援が更新の励みになります。ポチっとお願いします。
人気blogランキング
  にほんブログ村 先物取引ブログへ

スーパースキャルピング225-2

「凄腕くん・web」継続ライセンスのお申し込み




at 08:37, 現役FDM, 投資

comments(0), -, - -

comment